女性は、妊娠四ヶ月目ぐらいまで黄体ホルモンの分泌が盛んになりますが、黄体ホルモ...

ケータイ料金を滞納してるとキャッシングの審査に通らないぞ

キャッシングに申し込もうと思ったものの、なぜか審査に通らないという人で、特に他のキャッシングやカードローン等を使ったことがないという人は、ケータイの料金を滞納してないかどうか確認して下さいね。
こういう部分での滞納があっても審査に引っかかります。特にキャッシングで即日の借入を希望するなら、事前にこの辺のことはキレイにしておきたいものです。

妊娠中の便秘には

女性は、妊娠四ヶ月目ぐらいまで黄体ホルモンの分泌が盛んになりますが、黄体ホルモンは筋肉をゆるめて腸の動きを鈍らせるので、この時期は便秘になりがちです。

妊娠初期を過ぎると黄体ホルモンの量は徐々に減りますが、今度はお腹が大きくなるので子宮が腸を圧迫するため、腸の動きを妨げる結果、便秘がおこります。

特に臨月期の便秘は、赤ちゃんが下におりてきて腸を圧迫しているので、辛い思いをする妊婦さんも多いようです。

赤ちゃんへの影響を考えるとできるだけ便秘薬は飲みたくないですね。時期に合わせた適度な運動を心がけましょう。食事は、食物繊維が豊富なものや乳酸菌を多く含む発酵食品など便秘に効果がある食べ物を出来るだけ取り入れるようにすると良いでしょう。

オリゴ糖は腸内の乳酸菌、ビフィズス菌を増やす働きがあるとして、便秘症の人が多く愛用しています。外部から善玉菌を摂取するのは胃を通過する時にロスがあるので、元からある善玉菌を増やすオリゴ糖は効率の良い便秘対策と言えそうです。

同様に、多機能タンパク質のラクトフェリンも腸内で働き、ビフィズス菌に役立つことがわかっています。ただし熱や酸に弱いので、コーティングしてあるサプリメントの形で摂るのがポイントです。

タンパク質ということは食べ物の一種で薬ではありませんから妊婦さんも安心して摂ることができます。このような栄養を上手に取り入れて、妊娠期間に便秘で苦しまないように食生活を工夫してくださいね。

Copyright ©  ※便秘に効く食べ物、サプリメントの注意  All Rights Reserved.