便秘症も、ひどくなると数日どころか、1~2週間お通じがないこともあるので、そうな...

肌荒れ、ニキビ、体臭の原因

便秘症も、ひどくなると数日どころか、1~2週間お通じがないこともあるので、そうなると腸に相当負担がかかってる状態になります。絶食しているのでない限り、口から入った食べ物はどんどん下に進みますから、腸の中で大渋滞が起こるわけです。

古くから留まっている消化された食べ物のカスは、悪玉菌の餌となって、腸内でメタンガスなどを発生させ、腸はますます弱っていきます。

本来、便は体内で不要な有毒物質ですから、早く体外に出したほうが良いわけで、何日までは大丈夫ということはありません。しかし、便秘症の人は、長い間お通じがない状態に慣れてしまって、あまり深刻に捉えないようですね。

便がきちんと排泄されないと、小腸や大腸が詰まって、本来は便として排泄されるはずの老廃物を、体が吸収してしまいます。

便秘が原因で老廃物が体に溜まるというのは困りますね。この老廃物は、肌荒れやニキビ、体臭などの原因になります。便秘を解消して、老廃物の吸収を断ち切れば、単にお通じが良くなって楽になるだけでなく、体全体が健康になりますよ。

そのためには、弱った腸が元気に動くような環境を整えてやることです。まずは腸内で増殖している悪玉菌を減らすために、オリゴ糖を食生活に取り入れる人が多いようです。。

チーズやヨーグルト等で外部から乳酸菌を取り入れる場合、胃を通過する時に、その大半が死滅するため、あまり効果がありません。しかし、オリゴ糖は、元から腸内にいる乳酸菌、ビフィズス菌を増殖させるという働きがあります。

また、外部から摂取する乳酸菌、ビフィズス菌は長く腸内に留まりにくいので、この、元からいる菌を増やすという働きをするオリゴ糖は、非常に合理的な手段だと言えそうです。

多機能タンパク質のラクトフェリンも腸内で働き、ビフィズス菌等に役立つと言われています。こういったものを利用して腸内で善玉菌が優勢になるような状況を作っていきたいものです。

1点、注意したいのは、ラクトフェリンは通常、サプリメントで摂りますが、熱や酸に弱いため、表面が耐酸コーティングされているものを選ばないと意味がありません。

Copyright ©  ※便秘に効く食べ物、サプリメントの注意  All Rights Reserved.