便秘をしていると、腸の中で悪玉菌が増えてきて、腸に運ばれてきた食べ物が悪臭の強い...

便秘でお腹が張る

便秘をしていると、腸の中で悪玉菌が増えてきて、腸に運ばれてきた食べ物が悪臭の強いガスを発生させるため、腸内にガスが溜まります。

おならとなって出ていくのは一部で、残りは腸内に留まっていて、これがおなかが張って苦しい原因となるのです。

こうなると、まず腸内の環境を正常に整えてやらなければ、ガスを発生させる元凶の悪玉菌を減らすことはできません。というのは、悪玉菌が増えると、ビフィズス菌のような善玉菌は悪玉菌に負けて減っていってしまうのです。

便秘に悩む人に愛用者が多いオリゴ糖は、腸内で善玉菌を増やす効果があります。善玉菌が優勢になると徐々に腸内の環境も正常化していきます。

また、ラクトフェリンという多機能タンパク質も腸の中でビフィズス菌に役立つとされています。これも近年注目を集めていますね。

さほど高いものではないので、便秘が発展して、腸の潰瘍やガンなどの病気を引き起こす前に、オリゴ糖、ラクトフェリン等を食生活に取り入れていきたいものです。

ラクトフェリンは絞りたての牛乳やナチュラルチーズなどに含まれていますが、熱や酸に弱いので、そのまま食べ物から摂っても胃酸で壊れてしまいます。効率よく摂るには表面がコーティングしてあるサプリメントが有効です。

胃酸でラクトフェリンが殺されず、腸まで届けるような工夫がされているものを選ぶのがポイントです。

Copyright ©  ※便秘に効く食べ物、サプリメントの注意  All Rights Reserved.