便秘症の人には太り気味の人が多いようです。便秘になると、腸は弱って消化活動を活...

便秘は肥満の原因?

便秘症の人には太り気味の人が多いようです。便秘になると、腸は弱って消化活動を活発に行うことができない状態に陥ります。

腸と言うのは、口から入った栄養を吸収する場所ですから、腸の中に消化中の食べ物が長く滞在すれば、それだけ栄養分や水分を多く吸収することになります。

つまり、本来は吸収しないはずの養分を吸収するために、カロリーも余分に吸収することになるので、肥満の原因になってしまうのです。ですから、太らない健康な体型を維持するには便秘症を改善することが重要です。

それには、腸の動きを活発にして、消化吸収した後の食べ物が速やかに外に出ていくようにしなければなりません。つまり、腸の健康というのが、肥満の原因の一つになっている便秘を解消させるキーポイントなのです。

腸の中には、善玉菌、悪玉菌と呼ばれる様々な細菌が棲みついていています。

善玉菌は消化活動を助けていますが、悪玉菌が増えると、メタンガスなどの悪臭が発生して腸内の善玉菌を殺してしまいます。腸内正常化には、まず善玉菌が住みやすい環境を整えてやることが大事です。

便秘に悩む人に愛用されているオリゴ糖は、胃酸で分解されずに腸まで届き、善玉菌を増やす働きがあります。ヨーグルト等で外部からビフィズス菌を摂取すると大抵は胃で分解されてしまいます。

また、生きたままビフィズス菌が腸まで届くというヨーグルトでも、実は外部から取り入れたビフィズス菌は長く腸内に滞在しないので、オリゴ糖のように、元からいる善玉菌を増やすというものが効率的といえます。

多機能タンパク質のラクトフェリンも腸内でビフィズス菌に役立つことがわかっています。ラクトフェリンは、おかあさんの初乳に多く含まれていて、赤ちゃんの免疫力を作る役目を担っていることで知られている栄養素です。通常は食べ物から摂取するのが難しいのでサプリメントを利用するのが一般的です。

ただし、その場合でもコーティングされたサプリメントの形で摂らなければ、胃酸や消化酵素で分解してしまうため、腸まで届いて本来の役割を果たすことは難しいでしょう。

Copyright ©  ※便秘に効く食べ物、サプリメントの注意  All Rights Reserved.