便秘の原因は、ストレスからくる自律神経の乱れで消化機能が衰えることの他に、 水分...

食生活を改善する

便秘の原因は、ストレスからくる自律神経の乱れで消化機能が衰えることの他に、
水分不足や運動不足も症状を重くします。

適度な運動で腸の蠕動運動を促すことも大事ですが、食生活を改善することで、
便秘だけでなく生活習慣病の予防にも役立ちます。

便秘に効くとされるのは、食物繊維や大豆、海藻類、寒天、こんにゃく、ビール酵母、オリゴ糖、ヨーグルト、リンゴ、バナナなどがありますす。

しかし、例えばバナナダイエットでバナナばかり食べていると、逆に便秘の症状が進んでしまうこともありますから、何か一つだけを食べるのではなく、幅広くバランス良く体に良い食べ物を摂ることが大事です。

体に良い食べ物を十分摂っているはずなのに、一向に便秘症が治らないという場合は、腸の中で悪玉菌が増えて消化活動が衰えている可能性があります。腸が十分消化を行えないため、未消化の食べ物が長い間腸内に留まる結果、便秘がおこるというわけです。

そのような場合は、便秘に良いとされる食べ物を摂ると同時に、整腸作用のある栄養も摂ることを考えると良いですね。ラクトフェリンという多機能タンパク質は、腸の中でビフィズス菌などの善玉菌に役立つことがわかっています。

ラクトフェリンは熱処理していない牛乳やナチュラルチーズに含まれていますが、熱や酸に弱いので食べ物から摂っても胃の中で壊れてしまうため、サプリメントなどの形で摂ることが必要になってきます。

その場合は、酸に侵されないようコーティングされたサプリメントを選ばなければ意味がないので注意しましょう。

また、便秘症の人に愛用者が多いオリゴ糖は、胃で分解されることなく腸まで届き、
元々、腸の中にいる善玉菌を増やす働きがあります。

Copyright ©  ※便秘に効く食べ物、サプリメントの注意  All Rights Reserved.